学会機関誌「スポーツ運動学研究」3巻

学会機関誌「スポーツ運動学研究」3巻

 

<原著論文>

 運動修正における知覚の構造化

              金子一秀(東京女子体育大学)…‥‥………………‥……‥1

 スキー指導技術の統合のための試論

              長澤靖夫(東京学芸大学)‥………‥…………………・…・15

 運動の質的把握の方法に関するモルフォロギー的研究

              佐藤 徹(北海道教育大学函館分校)…‥‥…‥‥………‥27

 体操競技のトレーニングにおける心理学的方法の問題

              三上 肇(大阪体育大学)………‥………‥…・…・…‥ 39

 HISTORISCHE VERHALTENSFORCHUNG
  Prof. Dr. August NITSCHKE Universität Stuttgart Institut für Sozialforschung

              西澤 龍生(筑波大学)・…‥‥…………・…‥51

<研究資料>

 翻訳:ニチケ,A.著「歴史的運動学」

              渡辺良夫訳(筑波大学)‥………………‥………‥‥…‥ 59

<平成元年度・研究会報告>

  講演要旨:

 「ドイツにおけるスポーツ運動学の現状」

              朝岡正雄(筑波大学)・…………………………………・… 63

 「指導現場の運動学に対する期待」

              浦井孝夫(文部省体育局登山研修所々長)………‥……・…69

 パネルデイスカッション:運動の修正指導とその問題性 …‥………‥………………‥73

    「巧技形態における修正指導の問題点」

              金子一秀(東京女子体育大学)

    「走形態における修正指導の問題点」(pp.75-76)

              宮下 憲(筑波大学)

    「戦術行動における修正指導の問題点」−バレーボールゲームにおけるタイムアウトについて−(pp.77-82)

              福原祐三(筑波大学)

    「初心者の場合の修正指導の問題点」

              長澤靖夫(東京学芸大学)

<平成元年度・総会報告>・……‥…………・‥……………・…・……・…・…‥……85

<スポーツ運動学研究会・会則> …・…・………‥…・……‥……‥…‥……………87

<スポーツ運動学研究会・投稿規定>・…・…………・……………………・……・……88

<編集後記>

 

事務局
〒305-8574 

茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学体育科学系内

日本スポーツ運動学会事務局
Tel.&Fax.0298-53-6324
 

facebook

SiteLock