火, 4月 25, 2017
Text Size

学会機関誌「スポーツ運動学研究」2巻

会機関誌「スポーツ運動学研究」2巻

<原著論文>

 わが国における調整力研究の問題性

            渡辺 博之(筑波大学)‥…‥…‥……‥…・…………‥‥‥…1

 わが国における体力トレーニングの現状と課題

            朝岡 正雄(筑波大学)‥……・……………‥………‥………‥13

 ゲームの運動観察 -サッカーにおける写真によるゲームの運動観察一

            瀧井 敏郎(東京学芸大学)……‥…‥・…‥……‥…‥‥…・23

 スポーツ運動の“運動形態"に関する一考察

            佐野 淳(鹿児島大学教育学部)‥…‥……‥‥……‥…‥……35

 タレント発掘の現状と課題

            石塚 浩(日本女子体育大学)‥……………………‥‥…・‥‥45

<研究資料>

 Buytendijk,F.J.J.,Christian,P.著:

   行動の説明原理としてのサイバネティクスとゲシュタルトクライス

            渡辺 伸(信州大学)訳…‥……………‥…‥‥…‥…‥………59

<昭和63年度・研究会報告>  …………………‥……‥…‥……‥……‥…‥‥…‥…‥77

<昭和63年度・総会報告> ……・…‥‥…‥……………・…‥‥………・…‥…‥……‥85

<スポーツ運動学研究会・会則> ‥……‥……‥………・……‥…・・…・……‥…‥‥86

<スポーツ運動学研究会・投稿規定>  …‥…‥…・・……‥…………‥‥‥………‥‥87

 (編集後記〉