火, 4月 25, 2017
Text Size

学会機関誌「スポーツ運動学研究」4巻

学会機関誌「スポーツ運動学研究」4巻

 

<総 説>

 人間科学の方法と運動研究

              朝岡 正雄(筑波大学)……‥………‥…‥…‥…………‥1

  =資料=

    アルペン競技におけるインスペクションに関する運動学的一考察

              桾澤 俊明(筑波大学)………・…・…・…‥………………13

 <原著論文>

 ボールゲームにおける状況判断能力と状況認知能力の関係

              中川  昭(大阪教育大学)…‥…‥……………‥……‥ 23

 スポーツ運動の類型的把握の内的構造

               佐藤  徹(北海道教育大学函館分校)………………… 33

 運動学習における指導者の示範について

              岡端  隆(都留文科大学(非常勤))…………………… 45

 Der Tanzraum und das tanzerische Richtungsbewusstsein

  -Zur gestaltung der Buehnentanzbewegungl

              譲原 晶子(津田塾大学(非常勤))………………‥…‥ 55

 運動学習における解釈の問題性について

               佐藤  誠(沼津工業高等専門学校)……・……‥…‥ 67

 床運動の後転とびにおける障碍的形態の事例研究

              渡辺  伸(信州大学)・…・………‥……・………‥‥ 77

 体操競技における系統的指導に関する一考察

               三輪 佳見(宮崎大学)………‥‥…‥……………‥… 89

 体操競技における運動技術の史的発達に関するモルフォロギー的考察

               渡辺 良夫(国際武道大学)………………‥…………‥ 99

<海外レポート>

 Streicher・シンポジウムに参加して

              木村真知子(奈良教育大学)…………………‥・………‥…115

<平成二年度・研究会報告>

 講演要旨

  ヨーロッパとTanzschule

              譲原 晶子(津田塾大学(非常勤))…………・……‥…・125

  スポーツ科学における事例研究の意義と役割ーコーチングの理論と実際の乖離撞着を避けるためにー

              村木 征人(筑波大学)‥‥‥…‥………………・…‥…‥129

   体操競技における運動技術の史的発達に関するモルフォロギー的考察

               渡辺 良夫(国際武道大学)

研究発表 ‥…・…・…・……‥…‥‥‥………‥………‥……………・・…・…‥‥…137

    運動抑止現象への解釈学的アプローチ

              渡辺  伸(信州大学)

    技術の個人的最適化に関する事例的検討

      -角運動量からみたターンの様式について-

              山崎 祐司(茨城県立竜ヶ崎第一高等学校)

    戦術トレーニングの課題と方法

      -ハンドボールにおけるトップチームの事例研究を中心にして-

              土井 秀和(大阪教育大学)

<平成二年度・総会報告> ‥………‥……………………・…‥……‥……・…………‥145

<日本スポーツ運動学会会則> ‥…‥…・‥………………‥…‥・………………‥…・147

<「スポーツ運動学研究」投稿規定> ………・・…‥……‥‥……‥…‥…・………・148

<編集後記>