火, 4月 25, 2017
Text Size

学会機関誌「スポーツ運動学研究」11巻


学会機関誌「スポーツ運動学研究」
11巻

 


 

<原著論文>

 人間学の立場から見た動きの共感の構造

               本間二三雄 …・………………‥………‥……………‥‥‥………1

 運動意識の相互関係に関するモルフォロギー的考察

  一連動投企・運動内観・運動感の事例を中心として一

               市川 理映・・……………………‥‥……‥‥‥……………・…・…15

 ラグビーにおけるPKからの攻撃戦術に関する研究

  一国内大学トップレベルのゲーム分析から一

               中川  昭・松村  径 …………・………………‥‥……・・…・…・・25

 あん馬運動の両足旋回の直接幇助法に関する研究

               中村  剛・渡辺 良夫・加藤 澤男 ……‥…‥………・…・・…・‥ 39

 あん馬における上向き転向抜群の技術開発の試み

               小川 大人・加藤 澤男 …‥‥‥……・………‥……………・……・51

 運動内観に基づく自分の運動の把握に関するモルフォロギー的考察

              周東 和好 …‥………‥‥‥……………‥……………‥‥…‥… 63

 テニスのシングルスの試合における運動強度について

              山田 幸雄・上田憲太郎 …‥‥…………‥………‥・……………… 79

<研究会報告>

 第37回マクリンゲン国際シンポジウムーエリートスポーツ後の生活一

              朝岡 正雄 …………・…・…・・…・……・…・………・87

 第3回日独スポーツ科学シンポジウム

              川口 鉄二・木下 英俊・…………‥‥‥・………… 92

<競技会報告>

 福岡アジア選手権を終えて

              尾願  貢 ‥‥……………‥‥…………………… 96

 FIFAワールドカップ・フランス大会を観戦して

              松本 光弘 …‥……‥……‥‥……………‥……97

1998年体操競技ワールドカップ決勝鯖江大会

              竹田 幸夫 ………‥…………………………‥……100

 第18回長野オリンピック冬季競技大会に日本選手団本部トレーナーとして参加して

            白木 仁‥………‥………‥………‥…‥…・…」・…・…・…102

<平成9年度学会大会報告>‥・…・…・・………‥‥……‥………‥‥‥‥… 104

<平成9年度総会報告> ‥…‥‥…・………・・……‥…‥‥…‥…………… 105

 <日本スポーツ運動学会会則>…・……………・…・…・……………・………・…106

<投稿規定> ‥…………………‥…・…‥…………………‥…‥…‥‥‥…107